DADGAD LAD

Guitar&Vocal 武蔵 オフィシャルブログ

細かすぎて伝わらないけど伝えたい、バズマザーズのワイセツミーが好きすぎるっていう話。

この記事をシェアする

f:id:musashiofficial:20190714155148j:plain

バズマザーズワイセツミーという曲が好きすぎる、っていう話。

僕は好きになった曲は狂ったようにリピートして聴く節があるのですが、ここ最近はひたすらこの曲を流しています。

僕自身もまたバンドをしていた頃に知ることになったこのバンドなのですが、去年2018年末に活動休止した旨を目にし、久しぶりにプレイリストに埋もれていた彼らの曲を流してみたら昔よりもそのサウンドに惹き込まれてしまった。

当時は漠然と「かっこいいな~」と思って聴いていたのですが、今改めて耳を傾けると聴こえてくる一つ一つのもうなんていうかエロい味付けというか卑猥なリズムとかそういうのがたまらないのです。



兎にも角にも、今日はそれを共有させてほしい。


イントロからまずエロい。

初めてバズマザーズの曲を聴くとまず驚くであろう、イントロからブチかまされるギターのコーラスがビッチョビチョに聴いたドスケベなサウンド
ギターボーカルである山田亮の足元には知る人ぞ知るElectroHarmonixのSMALL CLONEというエフェクターがあるのですが、これはかの有名なニルヴァーナカート・コバーンも愛用していた独特の揺れを生み出す名機でございます。

名曲Smells Like Teen Spiritの静かなパートでもクリーンなギターのサウンドに乗っかる深~いコーラスが聴こえてくると思いますが、これが正にそれ。

このコーラスサウンドも十分に妖艶なんですけど、これが山田亮一に弄らせちゃうととたんに本省むき出しのド淫乱サウンドになっちゃう

他の楽曲でもそれは同様なのですが、中でも特にこのワイセツミーではそのいやらしさが際立って存分に活かされていると感じます。



本当エロい。


かと思ったらベースもエッチじゃん。

イントロのギターサウンドにブチのめされてしまいがちですが、よーく耳を傾けてくると聴こえてくるのがベーシスト重松伸のさりげなくテクニカルなベースライン。

すれ違いざまにフェザータッチされるような「アッ」という気持ちよさを演出してくれている低音もこの曲の良さを語る上では見逃せない。

歌のバックではしっかりとキャラクターやリズムを主張・協調しつつも、リフの時はしっかりユニゾンするようにパターンを変えているスラップも勿論魅力的であーーーかっこいいなーーーって感じなんですけど、なにより個人的に推したいのはしょっぱなブチこんでくる曲の開始4小節目終わりにディロディロっとさりげなく入り込んでくるこのベースライン。



あーーーーーーーーエッチだなーーーーーーーーーーってなりません?



わずかレイ点何秒のシンプルな音群ですが、ここまで印象的なレイ点何秒のシンプルな音群を鳴らしてくれてどうも有難う御座います、本当。



寝込みを襲ったのはドラムでした。

やはり曲全体を通してキメッキメなバンド全体のサウンドに欠かせないのが福岡”せんちょー”大資のドラム。

エモーショルなボーカル、暴れ馬なギターリフ、トリッキーなベースラインにも関わらず、それをしっかり聴きやすくしてくれているのはこのドラムのしっかりと整った地盤があってこそと言えるだろう。

なんて紳士な方なんだろう、まるで荒れ狂った不良のクラスにうっかり一人混じってしまった好青年のような…





かと思ったらそんな事は無かった。



最後の最後、イントロのリフが転調してリピートされるパート。
聞き覚えのあるリフにどこか安心感を覚えている聴き手の寝込みを襲ったのはほかでもないドラム



終わり際も終わり際、最後から1小節前に他の二人をガン無視して唐突にブチこんできやがる3連符×2の暴力



何だ何だ何事だ!?とこちらの理解が追いつく前にもう曲は終わってしまう。
こちとらギターとベースに滅茶苦茶にされて息切れというのに、最後の最後にヤり逃げもいい所だ。



とんでもないド変態に違いない、気持ちよすぎる


なんやかんや言って結局MVもかっこいいのよ。

ヒルな笑みの山田亮一、から時々ギターを奪っている謎の人物
もはや楽器も持たずにバンドに混ざっているジャージの男

その全部が独特の世界観でイカしてる。

というよりイカされてしまう

中でも特徴的なのは、ガンガン切り替わるシーンに不規則且つサブリミナル的に入り込んでくる目に痛いカラーリングのクレジット
特にラストのギターソロのブレイクで曲のタイトルをバッと出してくるそのセンスには恐れ入ったとしか言いようがない。



ちなみにこのワイセツミーという曲、ライヴ会場限定のシングルかもう廃盤になってしまったアルバムにしか収録が無い為直接その音源に触れる事が実は難しい曲なのですが。

先日渋谷のTSUTAYAでやっとの想いで巡り合う事が出来て歓喜のあまりこんな記事を書いてしまいました。

是非皆様もこれをきっかけに興味を持ったら、今もなお手に入る音源も素晴らしいので是非聴いてみて下さい。


各種最新情報やお知らせ、お問い合わせは下記リンクから。
DADGAD専門のレッスンも承ってます。
まずはこちらまで、お気軽にご連絡下さい。
musashiofficial@gmail.com

武蔵 Musashi Official Site

YouTube

Twitter